全館空調とは?24時間換気システムとの違いを解説

公開日:2024/05/15
全館空調とは?24時間換気システムとの違いを解説

現代の住宅において、快適な室内環境を維持するためにはさまざまなシステムが存在します。なかでもとくに注目されるのが、全館空調システムと24時間換気システムです。2つの違いは法的な要素にも関係しており、家庭の健康と快適さに密接に結びついています。この記事では、それぞれの特長やメリットを解説します。

全館空調が注目されている理由

住宅の換気は、単なる空気の入れ替えだけでなく、室内の空気質を保つことで家族の健康にも深く関わります。とくに最近では、全館空調システムの普及が進み、住まいの快適性が大幅に向上しています。では、なぜ換気がこれほどまでに重要視されているのでしょうか。

理由のひとつは、近代の住宅が高い気密性を持つようになり、外気の自然な取り入れが難しくなったことが挙げられます。断熱性能が向上した一方で、換気の不足により室内にこもった有害物質や湿気が蓄積しやすくなり、健康への悪影響をもたらします。換気の不足は、アレルギーや呼吸器系の問題、健康被害の原因となる可能性があるため問題です。

また、生活スタイルの変化も換気の重要性を高めています。現代の多くの家庭では、エアコンや暖房器具によって室内温度を一定に保つことが一般的になりました。しかし、このような閉じられた空間での生活が進むなかで、十分な換気がされなければ室内の空気が劣化し、快適な居住環境を損ねます。

全館空調システムが注目を浴びる一因は、換気だけでなく室温や湿度まで一元的に管理できることです。湿度まで調整可能なため、カビやダニの発生を防ぎ、快適な生活環境を提供しています。全館空調システムにより、家の中の温度差が生じないことも注目される要因です。全館空調システムの利用によって、住まいの品質が向上し、家族の健康への配慮が進んでいます。

24時間換気システムと全館空調システムの違い

24時間換気システムと全館空調システムの違いは、法律で定められているかどうかです。

24時間換気システム

24時間換気システムは、換気に特化したシステムであり、温度の調整は行いません。建築基準法に基づき、新築住宅には設置が義務付けられています。外気を取り入れることで室内の新鮮な空気を保ち、利用される換気ユニットはさまざまです。ただし、外気の影響を受けるため、室温の変動も考えられます。

全館空調システム

一方、全館空調システムは、名前のとおり全館内の室温を一定に保ちます。メーカーによって性能が異なりますが、例えば三菱電機のエアリゾートは湿度までコントロール可能です。全館空調システムは基本的には全ての部屋を均一に保つものの、エアリゾートのような先進的なシステムでは、個別の部屋ごとに異なる温度と湿度を設定できる柔軟性が魅力的です。

24時間換気と全館空調システムのそれぞれのメリット

24時間換気と全館空調システムには、それぞれ独自のメリットがあります。

全館空調システムのメリット

全館空調システムは、一年中家を一定の温度に保ち、とくに高齢者が健康被害を受けにくい環境を提供します。一定の室温環境は、ヒートショックや熱中症のリスクを低減させ、安心して生活できる要因です。冷暖房の自動調整により、寒冷地域でも快適な住環境を実現できます。

また、 室内機が空調室や収納内に設置されるため、室内外ともに美観を損ないません。家全体のデザインや内装の統一感を維持でき、生活空間が美しく整えられます。また、室外機の配置も配慮されており、外観への影響が最小限に抑えられています。

24時間換気システムのメリット

24時間換気システムのメリットは、換気扇により空気の流れを操作しやすい点です。これはとくに、第一種換気方式を採用したシステムにおいて顕著です。外部の空気を常に供給し、古い空気を排出することで、部屋全体に新鮮な空気が行き渡ります。利用者が手動で換気の程度を調整できるため、季節や天候に合わせた柔軟な対応が可能です。

また、 第三種換気方式はランニングコストが抑えられつつ、結露が発生しにくい特長があります。自然な換気方法を活かし、外気の取り入れと排気の調整で、エネルギー効率を向上させつつ運用コストを低減できます。また、結露の発生が抑制されるため、建物の構造や内部の被害を軽減できる点もメリットです。

全館空調と24時間換気システムのメリットは、住宅の性能や利用者のニーズに応じて選択されるべき異なる特長を持っています。全館空調は一定の快適な温度を提供し、美観を損なわない一方で、24時間換気は柔軟な換気状態やランニングコストの削減に優れています。どちらも快適な住環境を構築するうえで欠かせない選択肢です。

まとめ

全館空調システムと24時間換気システムは、法的な要件や機能において異なりますが、どちらも快適な住環境を提供する重要な役割を果たしています。家庭のニーズや予算に応じて、適切なシステムの選択が重要です。住環境の整備は単なる生活の質向上だけでなく、家族の健康や快適な居住空間の確保にも繋がります。全館空調は一年中安定した室温を提供し、美観を損なわないため、家族が安心して生活できる基盤を築きます。住まい選びにおいて、空調と換気の両面から快適なライフスタイルを築き上げましょう。

迷った方にはこの会社がおすすめ!

丸七ホーム

丸七ホーム

全館空調はさまざまなタイプがあり、それぞれによさがありますが、これまでの空調と同じように使用できてお手入れの手間も少ないのが、エアコン1台で室内の空気をコントロールできる壁掛けエアコン型の全館空調です。丸七ホームは、そんな壁掛けエアコン型の全館空調を提供している地元密着型の工務店です。

丸七ホームは、基礎から屋根までのオール外断熱と「空気の質」にこだわった全館空調マッハシステムで最高品質の住み心地を生み出しています。優れた耐震性能を持つさまざまな工法が用意されており、住まいの形や敷地条件に合わせて安心安全な家づくりが可能です。また、住まいが完成した後の密接なアフターサポートも魅力です。

   

全館空調システム

全館空調がおすすめの
注文住宅メーカー比較表

イメージ
会社名丸七ホーム渡邊工務店HOLIDAYS(ホリデイズ)ザイソウハウス桧家住宅一条工務店ヤマト住建
特徴家庭用エアコン1台で家丸ごと冷暖房!外断熱で小屋裏も床下も気温が変わらない地震や火事に強い構造で全館空調の家を提供おしゃれなデザインと機能性を兼ね備えた全館空調の住宅木材の専門家による自然を活かした全館空調の家全館空調シェアNo.1の「Z空調」の家快適除湿機能つきのオリジナル全館空調で1年中快適高気密・高断熱だから実現できるエアコン1台の全館空調
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら